セックスにまつわるエトセトラ

2分で読めるセックスの秘密。

 

スポンサーサイト


edit mode Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナルセックス


edit mode Category: misc. > 色々なセックス   Tags: ---
アナルセックス……日本ではあまり一般的ではありませんが、欧米では比較的普及しています。


欧米のポルノなどには必ずといっていいほどアナルセックスの描写が登場しますし、コンドームメーカーDUREX調査ではアメリカ人の47%が「アナルセックスの経験がある」と答えています。ちなみに日本人は11%です。思ったより多い印象ですね。

アナルセックスただし、DUREXの調査はネットで行われたものです。コンドームメーカーのウェブサイトを訪れアンケートに答えるような「性への関心が高い人」たちが対象であることを考慮する必要があるでしょう。


実際、今までの他の調査も含めると、アナルセックスの経験率は4%~50%近くまでと調査によって大きな違いが出ています。

ただ、さまざまな調査結果を勘案すると、おそらくアメリカでは25%程度の男女が「アナルセックス」の経験があるのではないかと推測されています。ただし、経験があるのが25%で、継続的に行っているカップルは更に低いものと思われます。


人々がアナルセックスに興味を持つ理由としては、「膣による性交を控えたい(できるだけ処女に近い状態でいたい)」「妊娠したくない」「単なる興味」などがあるようです。

慣れなければアナルセックスは苦痛である場合が多いようですが、人によってはオーガズムを感じるほどの行為でもあるそうです。

日本では少し敷居が高い感じがするアナルセックスですが、もしアナルセックスに興味がある人がいたら、これだけは忘れないでください。1)アナルセックスは性感染症のリスクが高いので信頼できるパートナーでなければコンドームが必須なこと、2)アナルは愛液のような分泌液がでないため潤滑液が必須なこと。

関連記事


logo
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

10


 
お知らせ
 
Ranking

参考になりましたら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

 
STORE

アダルトグッズ購入はこちら

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
Access Ranking
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。