セックスにまつわるエトセトラ

2分で読めるセックスの秘密。

 

スポンサーサイト


edit mode Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精液の飛距離


edit mode Category: 男の体 > 精液   Tags: ---
「キンゼイ・レポート」で有名なセックス研究の大家、アルフレッド・キンゼイは1940年代から50年代にかけて、セックスに関するありとあらゆる研究を行っています。彼自身はバイセクシャルでもあり、色々問題があった人物のようですが、セックスに関してはサイエンティフィックに研究を行っていたようです。

その中でも面白いのが、「射精された精液の平均飛距離」についての研究です。当時は、精液が勢い良く飛ぶことで受精率を上げると考えられていました。アダルト漫画などでも、精液が長距離を飛ぶ描写が見られますね。実際はどうなのでしょうか?

彼は300名の男性に対して報酬を支払い、彼らの前で自慰行為を行わせ、その飛距離を計測しました。

その結果、約75%の男性の精液は射精後その場でダラリと垂れる程度で、残りの25%の男性では平均して30~60センチほど飛ぶことが分かりました。ちなみに、この調査での最高飛距離はなんと、2メートル40センチです!

しかし最高飛距離の男性についてはさておき、この研究では、大多数の男性の精液はほとんど飛ばないということが明らかになったわけです。

それもそのはずで、実は射精された直後の精子には受精能力がありません。精子は、膣のなかでほんの少しの間「熟成」されてから受精能力を獲得するのです。つまり、物凄い勢いで精液を子宮に浴びせかけても、生物学的にはあまり意味がないのです。面白いですね。



飛距離をコントロールすることは難しいようですが、量を増やすために必要な栄養素は知られています。興味のある方はこちらへどうぞ。
関連記事


logo
04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
お知らせ
 
Ranking

参考になりましたら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

 
STORE

アダルトグッズ購入はこちら

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
Access Ranking
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。