セックスにまつわるエトセトラ

2分で読めるセックスの秘密。

 

スポンサーサイト


edit mode Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルース効果


edit mode Category: misc. > 動物たちのセックスと性   Tags: ---

ライオンや霊長類などでは「嬰児殺し」という行動が知られています。

「嬰児殺し」は生殖能力があり、幼い子供をもつメスがいる群れに、新しいボスや複数のオスが入ってきた時に起こります。

Mouse

この残酷な行動は、新しく群れに入ってきたオスが、母親であるメスに自分の子供を妊娠させるためであると考えられています。以前のボスの子供たちは、新たなオスの繁殖にとっては邪魔者でしかないのです。

ネズミの仲間では、この「嬰児殺し」をさらに進化させたと思われるような現象が知られています。その現象は、発見したイギリスの生物学者の名をとって「ブルース効果」と呼ばれています。

「ブルース効果」とは、妊娠したげっ歯類のメスが、見知らぬオスに接触されると流産するという現象です。「ブルース効果」が確認されている種は12種に及びます。ある実験では88%ものメスが、見知らぬオスとの接触によって流産したそうです。

この現象は、「どうせ見知らぬオスによって嬰児殺しをされるなら、出産や育児で無駄なエネルギーを投資するよりも、早めに流産して次のオスの子供を妊娠したほうが効率が良い」ためであると解釈されています。まさに、嬰児殺しを一歩すすめた仕組みですね。

しかし、この現象は実験室でしか確認されず、自然界でも実際に起こっているかどうかは疑問視する研究者もいるそうです。

関連記事


logo
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
お知らせ
 
Ranking

参考になりましたら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

 
STORE

アダルトグッズ購入はこちら

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
Access Ranking
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。