セックスにまつわるエトセトラ

2分で読めるセックスの秘密。

 

スポンサーサイト


edit mode Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睾丸はなぜ外にある?


edit mode Category: 男の体 > 男性器エトセトラ   Tags: ---
ヒトの精巣は陰嚢のなかにあります。ご存知のように、陰嚢は身体の中ではなく外にあります。男性は陰嚢をぶらぶら揺すりながら歩いているわけです。


Img精巣のことを英語では「testis」と呼びます。これはラテン語の「証人」を表す言葉がもとになっているそうです。つまり、生まれた時に精巣のあるなしで性別を判別できるからなんですね。

ヒトのように精巣を陰嚢におさめてぶらぶら歩く動物は、ウシやウマ、ヒツジなどがいますが、すべての動物がそうであるわけではありません。クジラやゾウ、ブタ、さらにはヒトと同じ霊長類のゴリラも、体内あるいは体に密着した場所に睾丸があります。

なぜヒトでは、陰嚢が体内にないのでしょうか?それは、精巣の温度を体温よりも下げることで、多量の精子を生産するのに好都合であるからと言われています。精巣の温度が高くなると、精巣が正常に発達せず(精子が生産されず)、不妊の原因になります。


しかし、精巣が体内にあるような他の動物では、そのような精巣の発達不全はおきません。なぜヒトでは温度を下げなければ精子の形成がおかしくなるように進化したのでしょうか?考えてみれば不思議ですが、それについては全くわからないそうです。

睾丸を体外に持つサルでは力の象徴として睾丸をアピールする行動がみられるそうです。もしかしたらヒトの睾丸にも、ディスプレイの役割があるのかもしれませんね。
関連記事
logo
02 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

01

03


 
お知らせ
 
Ranking

参考になりましたら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

 
STORE

アダルトグッズ購入はこちら

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
Access Ranking
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。