セックスにまつわるエトセトラ

2分で読めるセックスの秘密。

 

スポンサーサイト


edit mode Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜びとしてのSEX


edit mode Category: misc. > 本能と身体   Tags: ---
機能的には、セックスは子孫を残すために行われる営みです。しかし、妊娠を期待して行うセックスよりも、快楽のために行うセックスのほうが圧倒的に多いことは明らかです。

スウェーデンで行われた調査によると、妊娠を意識したセックスは全てのセックスの2%だったそうです。

1703270 msWHOによれば、世界中で毎日一億件(!)ものセックスが行われているそうですが、そのうちで妊娠に結びつくのは100万件にも満たないということです。

私たちは、セックスを楽しみとして行なっているのです。その楽しみとは何でしょうか。快楽ですよね。ではセックスの喜びとはどれほど強いものなのでしょうか?


アメリカで行われた、ある長期実験があります。その実験では、被験者に感情が動かされた日常体験をすべて書き出してもらい、そのひとつひとつについて感情の強さの度合いを点数で表してもらったそうです。その結果は、どんな心地よい体験といえどもオーガズムの快感の足元にもおよばない、というものでした。

私達がセックスを楽しむのは納得ですね。
関連記事

人は1日に何回セックスについて考えるのか?


edit mode Category: 性研究 > 研究最前線   Tags: ---
男性は5分おきにセックスのことを考える…一般的に、このような事が言われています。はたして本当なのでしょうか?

ETC  28Sex on the Brain?: An Examination of Frequency of Sexual Cognitions as a Function of Gender, Erotophilia, and Social Desirability」という最近の論文で、人は一日に、どのくらいの頻度セックスについて考えているのか?が詳しく調べられました。

この調査は大学生を用いて行われました。その結果は人により大きな幅がありました。

セックスについて考える回数は、女性は1日に1回から140回。平均は18.6回で中央値は9.9回となりました。一方の男性は1回から388回。平均は34.2回で中央値は18.6回でした。

この結果は今まで知られていたような、「5分おきに考える」との俗説よりも少ないものでした。中央値から考えると、男性の場合でもせいぜい1時間に1回とちょっと、考えていることになります。

本研究でも、男性のほうが女性よりもより多くセックスについて考える傾向にあるという結果が出ました。しかし、男性の場合、睡眠や食事についても女性よりも多く考える傾向がありました。


研究者たちは、女性のほうが男性よりも少ないという結果が出たことについて、「社会的・文化的な影響が少なからずある」と考えています。つまり、このような調査においても、女性のほうが「セックスについて考えています」とは答えにくいのです。人間が何を考えているのかを調査するのも、なかなか難しいものですね。
関連記事
logo
02 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

09

03


 
お知らせ
 
Ranking

参考になりましたら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

 
STORE

アダルトグッズ購入はこちら

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
Access Ranking
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。