セックスにまつわるエトセトラ

2分で読めるセックスの秘密。

 

スポンサーサイト


edit mode Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

媚薬


edit mode Category: misc. > 媚薬   Tags: ---
古代から人々が求めてきたもの、それは媚薬です。


媚薬世の中には催淫効果を歌う商品が多数販売されていますが、そのほとんどはプラシーボ(思いこみによる作用)以上の効果はありません。昔は、タマネギのような野菜すら媚薬に分類されていたそうです。

それでは、薬学的に作用が証明された「媚薬」は無いのでしょうか?

以前の記事で、女性にも「ED」が存在し、それが性感をさまたげるという話を紹介しました。その観点から、研究者たちは、バイアグラなどの勃起改善薬が女性の「媚薬」になりうるのではないかと研究を進めてきました。しかし、その答えはどうやら「効果なし」のようです。

たしかに、バイアグラによってEDの女性のクリトリスも「勃起」するのですが、女性の場合はそれが性感に結びつくわけではないようです。

そこで現在の研究の流れは、「脳に直接作用する」薬の開発です。

現在、いくつか女性の性的興奮を促す効果がある薬が知られていますが、その有力な候補に「ブレメラノチド」があります。もともと、日光を浴びずに日焼けする薬として開発されたものですが、臨床実験の過程で、女性被験者から「服用するといつもより性欲が強くなった」との報告がなされたのです。

その後、ニューヨーク・コーネル大学の研究チームにより、ブレメラノチドが「女性の性欲を高め、性的興奮を増進させる」ことが確かめられました。現在は、FDAの認可に向けた最終臨床試験が行われているはずです。

ほかにも、性的興奮を促す効果がある薬は報告されています。

中枢神経系作用薬の「フリバンセリン」です。この薬はもともと抗鬱剤として臨床試験が行われていたのですが、やはり、その試験の過程で女性の性欲増進が報告されました。この薬も、「ブレメラノチド」と同様に最終臨床試験が行われているはずです。

もし、これらの薬が発売されれば、救われる女性は多いことでしょう。しかしながら、FDAが実際に認可するかどうかは不透明です。脳に作用して行動を変えてしまうような薬は、認可されにくいのです。

実際に、もし発売されたとしても大きな社会問題になることは予想できます。その気の無い女性に男性がこの薬を飲ませ、性行為を強要する・・・なんてことも考えられます。

いずれにせよ、FDAよりもさらに保守的な厚生省が認可する可能性は極めて低く、少なくとも日本でこの手の薬が手に入るようになるまでには相当な時間がかかりそうです。





人気ブログランキングに参加しています。
この記事が参考になりましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
logo
12 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

11

01


 
お知らせ
 
Ranking

参考になりましたら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

 
STORE

アダルトグッズ購入はこちら

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
Access Ranking
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。